金価格 24時間 ドル円為替 24時間 ドルユーロ 為替 24時間
金 ドル円 ドルユーロ

2011年03月25日

推奨、お宝銘柄

6728 アルバック 東証1部

<会社紹介>

真空技術を売りに高度成長期を駆け上がってきた会社です。
資本金の出資は、あの松下幸之助を含む著名財界の6人とのこと。なんだか最初からスケールが違いますね・・

後にその高い真空技術を応用して半導体製造装置を開発、
1980年代には多くの半導体メーカーがアルバックの製造装置を導入しました。
日本の半導体が世界市場を席巻したことはここで言うまでもありませんよね。

半導体の製造には真空技術がなければ成り立たないものでした。

1990年代に入ると、真空技術をさらに生かしてフラットパネルディスプレイ(液晶とかプラズマとかLEDとかの画面が平面になってるモニタ機器)向けの製造装置を開発。
これまた爆発的ヒット。アルバックの製造装置は世界基準になっています。

<推奨ポイント>

主力のFPD(フラットパネルディスプレイ)は好調だが、注目したい部分はそこじゃないのです。

実はこの会社、いままさに大きく方向転換をしようとしているのです。

ここ数年に同社が巨額の投資をして開発してきたものがあるです。

そう、それ


太陽電池製造装置!

なぜこの会社が、と思って調べると、太陽電池の原理にたどり着きました。

太陽電池は、なんと半導体の特性を利用してるのです。知らなかった・・

『なんだよ、今更代替エネルギー関連かよ』

とおっしゃらずに。この銘柄、かなり他の代替エネルギーに比べて出遅れてます。
今だから買いなのです。


FPDが順調だったこの会社、1月に入って株価の上昇トレンドを崩します。
設備投資してきた太陽電池関連で、貸倒引当金として50億の営業益を減らしてしまったのが大きかったのです。それは韓国の太陽電池関連企業からの未納金でした。

しかし現在、福島原発の問題は国内だけにとどまらず世界中に代替エネルギーの需要を加速させています。
アルバックの狙いは完全に的を獲ました。

貸倒金のあった韓国の企業も、世界的な太陽光発電ブームに乗って現在復興中とのことで、50億の貸倒金も回収が見込めるのではないでしょうか。

また、今後の電力不足の懸念から、いまや節電は国を挙げてのプロジェクトになっています。
家庭用の太陽光発電システムには国から補助金が出るようになる確率は高いです。


加えて、照明関係も省電力の代名詞であるLEDの需要が加速するのは間違いないでしょう。
アルバックはLEDにもめちゃんこ強い企業です。


生産コスト面でも、同社が推し進めてきたグローバル化が寄与して磐石。


懸念材料を強いて言えば、世界をも相手にしているだけあって為替差損が気になるけども、
G7の為替介入によってこれ以上の円高はまずないので限定的。

むしろ情勢的に円安方向に向かうのではないでしょうか。

アルバックの事業戦略は、ターンキー(製造ライン一式まるまる契約)にも注力しているので、数十億円単位の大きな受注にも特化しています。
ようするに、ちょっと太陽電池も売ってます〜、みたいな新興市場の会社とは違うのです。

国内でもすでに2010年に茅ヶ崎市をはじめ、自治体レベルでの受注がありましたが、
今後のわが国を含めた世界の自然エネルギー推進の勢いを踏まえてみても、さらに加速するのは間違いありません。

自然エネルギーには、現時点で太陽光発電よりもコスト的にすぐれた水力発電、風力発電等がありますが、
水力発電には安定した水の流れが必要であり、供給できるエネルギー量が限定的です。
一方、風力発電は低周波の騒音(風車の音)問題が深刻なので、一般住宅用には適していません。
住宅地から離れた浅い海上に風車を設置して安定した風力を受け、同時に景観も守るという海外で採用されているシステムもあるけど、あれは地震も津波もある日本ではいかがなものか。

また、風車に巻き込まれた鳥の(以下略) ・・これがけっこう多いとのこと。自然エネルギー使って生き物殺すなよ・・

バイオエタノールはアメリカの国策なんで無視したいところ
トウモロコシばっかり作ってるから小麦とか農作物どんどん値上がりしてるだろ(゚Д゚)ゴルァ!!


太陽光発電は、これらの問題を全てクリアできます。
また、今後の需要でコスト面は飛躍的に改善され、またそれによって需要が増えます。

ドイツは太陽光発電国家として知られていますが、すでにコスト面を上回る経済効果を達成しています。
ドイツにできて日本にできないことはない!(愛国者でごめんなさい)

長くなりましたが、そろそろまとめます↓


LED・太陽光発電へのエネルギーシフト・世界が認めた技術力(世界市場での地位)・強化された生産体制・好調なFPD・円安への為替動向・出遅れ

今のアルバックに死角はない、ということで絶好の買い時です。

いつも短期しかやらないけど、ここは中期(3ヶ月以上)で持ちたいところです。


中期目標株価:2011年1月の高値である2408円
長期目標株価:2009年6月の高値である2925円

記事投稿時点の株価:1697円
記事投稿時点のUSドル/円:81円前後

投資は自己判断で!






posted by ひよっこ at 13:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 銘柄情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。