金価格 24時間 ドル円為替 24時間 ドルユーロ 為替 24時間
金 ドル円 ドルユーロ

2011年03月16日

福島原発で起きている事のまとめと見解

前半はすでに報道されている内容のまとめ、後半から個人的見解。最後に国への要望。

まず結論からいうと非常に危険と言わざるをえません。

福島の原子炉の構造についても一通り勉強したんだけど、
ここではそれは省略して重要なとこだけ説明させてもらいます。
 
いままでの問題は原子炉内だけの問題だった。
これも未だ解決のめどはたっていないんだけど、
 
いま問題なのは、原子炉のすぐ外に貯蔵していた『使用済み核燃料』の問題です。
 
使用済みといっても、役目を終えたその後も高い発熱を続けるので、冷やしてからでなければ廃棄することはできない。

くわえて、内部にはかなりの高濃度の放射性物質があるので、
燃料を覆っている金属が溶けるのだけは絶対に避けなければいけない。
 
だから通常はそれを防ぐために貯蔵プールにしまって大量の水で冷やしている。

水以外のもので冷やすのがなぜダメかというと、液体窒素などでは瞬間的に冷えてもすぐに気化するし、
しかも熱膨張と凝縮が激しくなるので核燃料容器の破損の懸念があるのです。
 
でも水なら比熱容量も高く、沸点も100度程度なので、費用面含めて冷媒として使うには最適らしい。
 
使用済み核燃料は、使用済みといえども絶えず高温で発熱しているんです。
なので深いプールで冷やしてもすぐに水が蒸発するんで、プールの水を常時循環させていました。
 
しかし今回の震災で電源系統もやられて水が循環しなくなった。
 
で、水がすべて水蒸気となって(これがテレビに映った白煙)なくなり、使用済み核燃料は露出して高温を放ち続けてる。
ここまでは報道で伝えられたこと。
 

で、ひよっこの見解はここから。おそらく混乱さけるために情報開示されてないのだけど、
 
熱を持った使用済み核燃料を覆っている容器が溶けるのは時間の問題で、中の高濃度放射性物質が飛散するのは避けられないのではないか。
もしくは、もうすでに漏れ始めている。
 
この根拠は二つあって、いま観測されている放射性物質の種類が公開されてないことが一点目。
放射線物質を特定できれば、先日行われた、原子炉の圧力を逃がすために弁を開放したときに蒸気と一緒になってでてきたものか、使用済み核燃料の中から漏れたものかが明らかになるのではないか。
 

次の点。
すぐにでも冷やさなければならなということで、ついに自衛隊緊急出動。
これは、ヘリで海水をくんで、上空からプールに水をいれる作戦になっていて、
今日午後行われたが、隊員たちの受ける被ばく量が規定値を大幅に超えたということで中断されている。
これは、『大幅に超えた』とだけしか伝えられていないことからもわかるように、具体的数値が公表されなかったことが非常に気にかかるのです。
 
 
すぐにでも発熱を抑える必要があるのだけど、一度水をかければ終わりというわけではない。
使用済み燃料を冷やす期間は最低でも三年は必要とのことで、毎日自衛隊が海水をくむにしても今日近づけないものが明日できるのだろうか。
 
 
それから、漏れるだけならいいけど使用済み燃料といえども再臨界(再び核融合が行われる)の可能性もゼロではないとのこと。
この『ゼロではない』という報道もあいまいすぎる。

しかも、三号機はプルサーマル(プルトニウムとウランの混合燃料を使っている原子炉)なのに、政府やマスコミは現時点でそれを明言していない。

プルトニウムは、ウランの数万倍の放射能があります。
 

20キロ圏外の避難とかいってるけど、そのうち範囲を拡大するのではないか。
昨日の朝の時点で東京電力は、現場作業員800人のうち最低限の50人を残して、50キロ圏外に退避した。
東京電力の幹部はさらに遠くにいる。

震災救助のためにアメリカから来た空母ロナルドレーガンはおよそ200km圏外に退避した。
東電が15日に発表した放射線数値は、前日の数値の倍どころか単位が繰り上げられていた。
(ミリシーベルトはマイクロシーベルトの千倍)

放射線の種類を公開していない。
自衛隊員のヘリ部隊は放射線の異常数値(しかも未公開)で今日の注水作戦を中断した。
 
原子炉内の問題もあわせて、未だ解決の目処がたっていないのに、
時間とともに危険度が増してていてる。

とっくに一企業で解決できる枠を超えていて、国が動くレベルだとやっと気が付いてくれたが、
どのように収束させるかの具体的な計画が公開されていないのが問題です。


正確で迅速な情報開示は必要だけど、情報だけではだめです。

セットで収束への計画、救援策も一緒に示して
もらわなければ、混乱は避けられない。

電車もない、ガソリンもない、逃げたくても逃げられない。
でも混乱をさけるためだけの情報統制では、一時しのぎでしかないのだから。

決して恐怖をあおっているわけではないのです。
救援策と収束計画が今すぐほしいのです。

それから、現地の方には朗報です。民間交通会社の大型バスが、救援のために福島に向かっているのは本当です、ひよっこの知人も運転手として実際に向かってます、もう付く頃かな。

おこがましくも投資家として言わせてもらえるなら
投資するべき会社とは、本来、こういう会社であるべきなのかもしれない。
posted by ひよっこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

株式と株券の違い

意味合いの違いを正確に理解するために、
まず最初に文字的な部分から説明します。


株式(かぶしき)株券(かぶけん)

あえて何が違うかといえば、字が違う。そう。
ってのとってのが違うよね。

ではまず、おおもとの

株(かぶ)

という文字はなぜ使うのか。

これにはいろいろな説があるけども、
ひよっこが選んだベストアンサーを紹介します。

辞書で「株」を調べると
(1)木を切り倒したあとに残った部分。きりかぶ。
「木の―」
(2)植物の根のついたひとまとまり。
「―分け」

こんなの出てくるよね。
そう、これでいいんです。株ってのはもともと植物の株から来ているんです。

木のきりかぶを思い浮かべてください。

木の根って、たくさん枝分かれしていて、地面の中にたくさん伸びているよね。
それが上にいけば一本の幹になって上に伸びているわけです。

このように、たくさんの根っこが集まって一本の幹になる様子を、
投資する人がたくさん集まって、一つの組織になっていることに重ねているのです。
株式会社の仕組みそのものですね。

実は、江戸時代にも同じような仕組みがあり、そのころは「株仲間」といっていました。
株仲間の語源がまさに「木のきりかぶ」であり、株仲間の良い部分だけ残して改良したものが株式会社になったといわれています。

ここまで理解できたならば、次に「式」と「券」の違いです。


式って文字には
ある物事をするときの一定のやりかた
という定義があります。ややこしいですね。
なので、まず
『ある物事』と『一定のやりかた』というのが、
株の世界では何を指すのかを理解しなければなりません。

ここでいう『ある物事』とは、会社が資金調達のためにお金を集めることです。
んで『一定のやりかた』とは、お金を集めるために株を発行することです。

式とは「ある物事をするときの一定のやりかた」なので
「お金を集めるために、発行すること」は式と呼ぶわけです。
それを株にくっつけて、株式となるわけですね。


さて、券のほうはどうか。

券ってのは
「金額・条件・資格などを書き記してある紙片。債券・証券・入場券・乗車券・食券など。」
(goo辞書より)

ようするに紙でできているから券というのです。

株券(かぶけん)
は、実際にただの紙きれで出来てます。


注意:現在は紙だけど、
    2009年の1月には電子化されます。
    (参考記事はこちら)


んまぁ、電子になったら紙じゃないんで、券じゃないよね。


さてここまでは、文字の使い方の違いを例にとって説明しましたが、
株式と株券では、意味合いの部分でも違いがあるようです。

株を持てば株主となりますが、
株主というのは、実はその会社のオーナーとも言えるのです。

実際に、一つの会社の株を大量に持つと、会社の経営に大きな影響力を持つことができます。
これは、株式会社の仕組みでもあります。

そういった仕組みそのものを表す言葉としては、株式という言葉を使います。

なので
株券は券そのものであるのに対して
株式は券だけでなく、仕組みまで含めた意味合い、ということですね。



と、長々と説明してきたけれども

結局のところ


株式=株券


で ぐぅぅぅぅっ ! です。


エドはるみ.jpg



ちなみに、株券は紙なので
1枚、10枚、などと枚数で数えてしまいそうだけど、

1株(ひとかぶ)いくら というように
株を数えるときには、そのままそれを単位として使います。


これは余談だけど
おかしなことに
ウサギを数えるときは1羽(いちわ)って数えるじゃん。

まるで鳥を数えるようだけど、
それには宗教が関係しているそうです


昔、日本では仏教が強く広まっていて、

お肉は鳥しか食べちゃだめ!だったらしい。

しかし食料難のときに、苦肉の策として
つかまえたウサギを

『こいつは鳥だ!』

と強引に言い聞かせて食べてたらしく

そこから鳥のように数えるようになったそうです。

いやほんと。






へぇーへぇーへぇー

ヘエ.jpg
posted by ひよっこ at 17:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

チベット問題

【別冊 ひよっこの怒り】

世界情勢が株価に与える影響は計り知れません。

 チベット問題とは?
↑こちらをクリック。


今回の暴動では

死者はここ一週間で数百名と言われているのに対して、
中国政府の発表では16人。

事実隠蔽(いんぺい)はどこの国でも一緒なのか。

もともと韓国の血が流れているせいもあるのか、
こういったアジア全体を揺るがすような民族問題にはいつも敏感になってしまう。

中国はすばらしい国土を持っています。
広さはもとより、漁獲量豊富な海にも接しているし、レアメタルなどの貴重な資源も数多く眠っているところ。


でも、それらを扱う機能がマヒしちまってる。

なんでかわかる?

簡単に言ってしまえば頭脳が悪いってことです。
頭脳っていうのは、今で言えば中国政府のことです。


最高性能を持ったクルマを幼稚園児が操縦しているようなもの。

国際社会というのは、
いろいろな障害が満ち溢れたデコボコ道だ。

どんなに最高のクルマに乗っていても、世間を知らない幼稚園児が、そんなデコボコの公道を無事に走れるわけがない。


どんだけ宝の持ち腐れなんだ!


あれだけ国土として広い国なんだから
いろいろな民族がいて当たり前なんです。

こういう多民族国家が平和に暮らしていくには、

民族間がお互いに干渉することを最低限度にとどめて
、自由な思想のもとに共存する努力をしなければならない。

なのに思想まで統一しようとしちゃって
お前らヒトラーかとたらーっ(汗)


今回のチベット問題と
数年前の天安門事件は全く別問題だけど、

天安門で何を学んだんだろう??

暴力で何が解決できて、
何が解決できなかったのかを振り返り、さらに突き詰めれば答えは一つしかない。


最高のクルマを誰に操縦させるの??


少なくとも武力行使した上に、
体裁のために死者数をごまかすような政府にはその資格はない。

免許停止処分にするべきです!

んーでも、自力で解決する能力はもはや無い。
中国共産党はすでに強力な独裁体制を布いているから。

ならば、中立である国際機関が介入するよりほか、
解決の道はありえないっしょexclamation ×2


今はチャンスなんです。

今回のラサからの騒動は、
中国政府のアキレス腱になり得るものです。

他国に閉鎖的な態度で独裁政治を続けてきた中国に、
国際機関が介入できる最大のチャンスなんです。

チベットの仏教徒が流した血を無駄にしちゃだめだよ。


国連なにやってんだろ?
国の利権がらみもいい加減にしてほしいバッド(下向き矢印)

うやむやにして
みんなで体裁をつくろってご苦労さまです。


すぐに解決できないなら、
せめてオリンピック延期にするべきだ。


国際社会の平和のための
夢の祭典であるオリンピックが

チベット問題の渦中にある北京で開催するわけですかそうですか。


はなはだ笑ってしまいます。
_
posted by ひよっこ at 16:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

企業と会社の違い

企業と会社の違いをあえていうならば

会社ってのは

簡単に言ってしまえば、ただの名前です。

企業はたくさんあるけども、

それを会社と呼ぶためには、法律を通さないとだめなのです。


もう少しきっちりと説明するとこうなります↓



ある企業が、法律にもとづいた手続きによって、

会社という名前をもらえばその時点で会社になります。



会社の種類はたくさんあります。


株式会社(かぶしきがいしゃ)だけではなく

有限会社(ゆうげんがいしゃ)や、合名会社(ごうめいがいしゃ)、合資会社(ごうしがいしゃ)や

新会社法からの合同会社(ごうどうがいしゃ)なども会社の種類となります。



それぞれの違いはここでは省略させてもらうけど


ひよっことしては

株式会社よりも、





高級外車(こうきゅうがいしゃ)
とか
温泉芸者(おんせんげいしゃ)


のほうが好きっす。



default.jpg

うっはー (゚∀゚)




・・・話を戻すと、ようするに



近所の八百屋さんも企業ですし

有名なトヨタ自動車も企業です。




トヨタ自動車は株式会社という名前を
法律でつけてもらっていますが、


八百屋さんは法律を通して申請しない限り、
会社と呼ぶことができません。


(会社になってる八百屋さんも、もちろんあります。)



ということで、


法律で分類されているかどうかで


会社といったり企業といったりできる。


というわけです。



 

posted by ひよっこ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

チャートを増やした

ゴールドとアメリカドル円、ドルユーロのチャートを貼った。


なぜ貼ったかというと
日経平均外国為替に影響を受け、
外国為替は金(ゴールド)の値段が一つの指標になる。

できれば原油価格も貼りたいけどいいのがみつからない、
どなたかいいのがあれば教えてください@@



とりあえずブログの形だけ完成させていきます。

ひよっこペースだけど。
posted by ひよっこ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

チャートが貼れたよ!

株価指数チャートをサイドバーに貼ることができちゃった!
こういうのあると、
なんかそれっぽいブログになってきたっしょ


おととい始めたブログ作りだけど
ひよっこでもこれくらいならカスタマイズができてしまう。

使っててわからない言葉がさっそくでてきたが
カスタマイズとは:
ソフトウェアの設定や設計を調整し、ユーザの好みに合わせて作り変えること。
だそうだ。

使い方があっててセーフだ。

ひよっこの場合、わからない言葉は全てグーグル先生に聞いているんだけど
そのたびに検索していくとめんどうなので
ちょっと難しい言葉には全てリンク機能をつけてます。

便利っしょ??

著作権なんとかで怒られるよー
とかいうのがあったら教えてください。

そっこーハズシマス。


さぁ
株式市場が休みである土日しかできないから、
今のうちにどんどん作っていこう!
posted by ひよっこ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ホワイトデーと投資

今日はホワイトデー

もしひよっこが女のこだったら
バレンタインデーにめちゃくちゃお金をつぎ込んじゃう。
いろんな人にあげちゃいます

もちろん
お返しを期待しちゃおうという
オトナの投資作戦です。


使ったお金や費やした時間が
それ以上の価値になって戻ってくる。

このブログではそれらの行動全てを
『投資』と呼ぶことにしています。



バレンタインデーに
1000円のチョコをあげ

ホワイトデーに
3000円のお返しゲット

差し引きは
2000円の利益。

利益率200%だ!

100万円を使ったら
200万円も儲かってしまう計算なりっ(゚∀゚)


もちろん
利益率は人によって違う。

何もお返しされないこともあるわけです。

それは

株でも同じ事っす


まずチョコを渡すときは
ホワイトデーにきちんとお返しをしてくれそうな人を選ばなければならない。

これは株を買うときに
これから値段が上がりそうな株を選ぶのと全く同じ事です。

また
渡す人を選ぶんだから
選べるほど交友関係が幅広くなきゃならない。

株も一緒。

いざ買おうってときに、5つの種類から選ぶのか
100の種類から選ぶのかでは、どっちが有利?ってことです。

だからいろいろな会社の株の値動きや情報を集めて
普段から勉強しておきましょうということです。

2008年3月14日現在では
東京証券取引所で取引できる株の銘柄数は2419もある。

東証上場社数

びっくりだ。
でも全部調べるのは大変。
ってか、むりだ。

株の選び方については
いろいろ便利な方法があるから
きちんと別で載せて行きます。

まぁ 
なんにしてもひよっこ。

これからこのブログを形にしていくところから始めなければ。

そもそもブログってなんなのさと。

昨日はじめて知ったよー
(//▽//) 


ブログとは


チャートとかも好きなところに貼り付けたいんだけど
そのやり方もわからないという罠。

まぁ小難しい事でも
なんとかやっていこうというブログなんで

少しずつですが
きっちりと作っていくのでよろしくお願いします!
posted by ひよっこ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。